Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

流入者対策ステッカー交付請求書が所在不明、誤廃棄の可能性 - 大阪府

大阪府において、流入車対策の一環として同府が交付している適合車等標章、通称「ステッカー」の交付請求書の一部が、所在不明になっている。

紛失したのは、8月28日および31日に交通環境課の窓口に直接提出された請求書と、郵便および宅配便で同課に配達された請求書。

10月1日と2日、請求者からステッカーが交付されていないとの問い合わせがあり紛失が判明した。30件程度を紛失した可能性があるが、正確な件数はわかっていない。

大阪府では、紛失した請求書は不要書類とともに誤って廃棄された可能性が高く、記載された個人情報が外部へ流出したおそれは低いと説明。引き続き原因究明の調査を行う。

また同府では当面の対応として、請求者名が判明している分に関しては早急に交付手続きを行うとともに、請求者名が把握できていない郵送分に関しては、連絡を待って確認でき次第対応する。

(Security NEXT - 2009/10/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報含む書類を移送中に誤廃棄 - みちのく銀
電柱敷地所有者の個人情報含む帳票が所在不明 - 中電ネット
小学校防犯カメラの映像含むHDDレコーダーがオークションに - 横浜市
住民票や戸籍証明の請求書が箱ごと所在不明に - 静岡市
顧客情報記載の伝票が所在不明 - イズミヤショッピングセンター
従業員が顧客情報を家庭ゴミに、郵送され発覚 - サカイ引越センター
顧客情報が記載された伝票綴りが所在不明 - 栃木銀
高齢者免許証返納支援事業で個人情報が所在不明 - 福岡県
河川敷に患者情報含む書類、原因を調査 - 十和田市立中央病院
高校で指導要録を紛失、誤廃棄の可能性 - 三重県