Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

譲渡目的でプリペイド携帯を購入した職員を懲戒免職 - 愛知県

愛知県は、名古屋北部県税事務所の職員が携帯電話を不正に購入したとして懲戒処分を実施した。

2007年7月や2009年4月に同職員が譲渡目的で携帯電話を不正に購入していたことから、同県では、詐欺行為があったとして同職員を懲戒免職としたもの。

同県によれば、職員は他人に譲渡する目的だったにも関わらず自分が利用するよう見せかけるなど、携帯電話販売店の店員に対して購入目的を偽り、あわせて6台のプリペイド携帯を不正に入手していたという。

匿名の携帯電話については、振り込め詐欺など悪用されていることから、携帯電話不正利用防止法が2006年より施行されており、通話可能な携帯電話の無断譲渡は禁止されている。

(Security NEXT - 2009/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校防犯カメラの映像含むHDDレコーダーがオークションに - 横浜市
高齢者免許証返納支援事業で個人情報が所在不明 - 福岡県
河川敷に患者情報含む書類、原因を調査 - 十和田市立中央病院
住民の課税情報を業務外で閲覧、職員を処分 - 印西市
雇用促進支援金の申請書類が所在不明に - 大阪府
まなびサポート事業の職員が児童情報を不正取得 - 保護者に家庭教師を提案
機密文書の廃棄サービス、テレワーク環境にも対応 - ヤマト運輸
元従業員の売却HDD内に業務文書、データ複製の連鎖で - ラック
神奈川県、教員を停職処分 - 試験をインスタで生徒に漏洩
顧客の預金残高を知人に漏洩、従業員を懲戒解雇 - 阿波銀