Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

譲渡目的でプリペイド携帯を購入した職員を懲戒免職 - 愛知県

愛知県は、名古屋北部県税事務所の職員が携帯電話を不正に購入したとして懲戒処分を実施した。

2007年7月や2009年4月に同職員が譲渡目的で携帯電話を不正に購入していたことから、同県では、詐欺行為があったとして同職員を懲戒免職としたもの。

同県によれば、職員は他人に譲渡する目的だったにも関わらず自分が利用するよう見せかけるなど、携帯電話販売店の店員に対して購入目的を偽り、あわせて6台のプリペイド携帯を不正に入手していたという。

匿名の携帯電話については、振り込め詐欺など悪用されていることから、携帯電話不正利用防止法が2006年より施行されており、通話可能な携帯電話の無断譲渡は禁止されている。

(Security NEXT - 2009/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

配送ラベル二重貼り、異なる顧客情報 - 3Dプリンタ販売会社
私的に戸籍情報参照した職員を懲戒処分、刑事告発も - 宇部市
教員2人を懲戒処分、個人情報目的外利用とパワハラで - 早大
他人のクレカ情報で商品購入 - 井原市職員を逮捕
庁内資料を持ち出して店舗で誤廃棄、職員を処分 - 川崎市
組織の決裁なしに公文書施行、職員を懲戒免職 - 群馬県
庁内システムに職員が不正アクセス、ポエムなど書き込み - 郡山市
住基システムの個人情報を漏洩、職員が逮捕 - 杉並区
患者情報含む書類を誤廃棄、資源物置場から回収 - 熊本大病院
職員が他課アカウントで不正アクセス、偶然1時間強で発見 - 伊東市