Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトバンク関連会社が運営する競馬情報サイトでシステム障害 - 個人情報が閲覧可能に

ソフトバンク関連会社のオッズ・パークが運営する競馬情報サイト「オッズパーク」において他会員の個人情報が閲覧可能となるシステム障害が発生したことがわかった。同社では、7日時点においてもシステムを停止しており、復旧の目処はたっていない。

同社によれば、10月1日10時のサービス開始時から10時12分にシステムを停止するまで、PCや携帯電話でサイトへアクセスした場合、他会員の個人情報が閲覧できる状態になったという。

同社ではサービスを停止してシステムを改修を実施し、2日よりサービスを再開したが、4日に再び携帯電話でアクセスした顧客で同様の問題が判明。システムを開発した伊藤忠テクノソリューションズなどと原因の究明を進めたところ、重大な問題が明らかとなり、再び運用を停止している。

閲覧可能となった会員情報は、氏名、住所、電話番号、生年月日、性別、メールアドレス、ニックネーム、ID、加入者番号、馬券購入情報など。同社では影響を受けた会員へ個別に連絡を行っている。

復旧の見込みははっておらず、電話などを利用する一部サービスを除き現在もシステムを停止している。同社では、個人情報が漏洩した可能性のある会員に対し、個別に連絡するなど対応を進めている。

(Security NEXT - 2009/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教育機関向け通販サイトに不具合 - 入金確認SMSを誤送信
クラウドサーバで個人情報流出の可能性 - 京都駅ビル
CC送信で競技団体登録団体のメアド流出 - 東京都障害者スポーツ協会
ランサムでシステム障害、情報流出の可能性も - 事務用品販売会社
複数サーバにサイバー攻撃、顧客情報流出の可能性 - 森永製菓
対面朗読協力者のメールアドレスが流出 - 大阪市立中央図書館
障害福祉関連の個人情報をサイトで誤公開 - 越前市
個人情報流出の可能性示す痕跡を発見、最大対象件数を算出 - リニカル
ベイシア通販サイトで個人情報が流出 - ECサービスの不正アクセスで
イベント来場者管理サービス、大量アクセスで個人情報を誤表示