Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SNSサービスがサイバー攻撃の対象に - エフセキュアが2009年度第3半期を総括

エフセキュアは、2009年度第3半期のセキュリティに関するトピックスを取りまとめた。

「Mac OS X Snow Leopard」や「Windows 7」など最新OSのリリースや、Firefox 3.5.3へ搭載されたAdobe Flash Player旧バージョン利用時の警告機能など、セキュリティ対策機能が強化されたことを伝えている。

またYahoo!が検索エンジンとして、あらたにMicrosoftのBingを採用し、フィルタリング機能を強化したことについて、こうした競争がセキュリティを強化すると指摘した。

一方、SNSサイトなどがサイバー犯罪や政治的な攻撃の対象となっていることや、マレーシアの独立記念日8月31日には大規模なDDoS攻撃が発生して100件以上ウェブサイトが改ざんされた事件などを報告している。

(Security NEXT - 2009/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

J-CSIP、標的型攻撃情報29件を共有 - FAX起点とするBECも
2022年1Qのセキュ相談、前四半期比4割増 - Emotet関連が約54.7倍
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
2022年1Qの脆弱性届け出は176件 - ソフトとウェブともに増加
SNS利用者の約3割にリスクのある内容の拡散経験
2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
Z世代の7割、スマホアプリでの個人情報登録に抵抗感
中小企業の3分の1、直近3年間のセキュ投資ゼロ - 「必要性を感じない」
改正個人情報保護法へ対応、施行時点で1割強が未対応
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知