Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SNSサービスがサイバー攻撃の対象に - エフセキュアが2009年度第3半期を総括

エフセキュアは、2009年度第3半期のセキュリティに関するトピックスを取りまとめた。

「Mac OS X Snow Leopard」や「Windows 7」など最新OSのリリースや、Firefox 3.5.3へ搭載されたAdobe Flash Player旧バージョン利用時の警告機能など、セキュリティ対策機能が強化されたことを伝えている。

またYahoo!が検索エンジンとして、あらたにMicrosoftのBingを採用し、フィルタリング機能を強化したことについて、こうした競争がセキュリティを強化すると指摘した。

一方、SNSサイトなどがサイバー犯罪や政治的な攻撃の対象となっていることや、マレーシアの独立記念日8月31日には大規模なDDoS攻撃が発生して100件以上ウェブサイトが改ざんされた事件などを報告している。

(Security NEXT - 2009/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IoTマルウェアの検体情報など研究者にデータを無償提供 - 横国大
2025年のセキュリティサービス市場は1兆円超に - IDC予測
約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
2021年1Q、脆弱性届出は252件 - サイト関連が大きく減少
国内組織の6割が「SASE」導入に着手 - 「VPN」が46%で最多
国内設置ルータを踏み台とした攻撃パケットの増加を観測 - JPCERT/CC
3割がセキュ投資増額、56.3%で被害経験 - IDC調査
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答