Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

入力ミスで異なる事業者へ納税通知書を送付 - 大阪市

大阪市は、同市のあべの西南市税事務所において発生した個人情報の流出事故を公表した。

大阪市が5月に、船場法人市税事務所を通じて「市民税・府民税特別徴収税額決定・変更通知書」を事業者へ送信したが、送信したなかに事業者の従業員ではない無関係である人物の通知書が含まれていたという。

送付作業にあたりあべの西南市税事務所がデータ入力を誤り、別の事業者へ送付してしまったのが原因だという。誤送付した書類には「住所」「氏名」「収入」「所得」「所得控除」「特別徴収税額」「月別納付額」などが記載されていた。

同市では、送付した事業者から8月7日に通知書を回収。漏洩した住民を訪問し、事情の説明を行って謝罪している。

(Security NEXT - 2009/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ふるさと納税の特設サイトに不具合、他人の配送情報 - 京丹後市
ふるさと納税の受納証明書600人分を別人へ誤送付 - みやき町
ふるさと納税関連書類を誤送付、封入ミスで - 雨竜町
誤送付や紛失など個人情報の関連事故15件 - 大阪市
ふるさと納税寄付者の個人情報が流出、郵便誤配達で - 八千代市
寄付者個人情報を誤ってファックス送信 - ふるさと納税受託業者
税額決定通知書を異なる事業所へ誤送付 - 西宮市
鳥取市の通販サイトに不正アクセス - 利用者情報が流出
ふるさと納税者のマイナンバーを無関係自治体へ誤送信 - 輪島市
印刷ミスの受託県税督促状を駅ゴミ箱に - 兵庫県委託先