Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MAL_OTORUN」の脅威は減少するもUSBメモリ経由の感染に引き続き注意を - トレンド月間まとめ

トレンドマイクロは、7月に同社に寄せられた不正プログラムの感染被害報告を取りまとめた。

同社によれば、7月の感染被害報告数は5097件で、6月の4781件から増加している。報告数ランキングの1位は依然として「MAL_OTORUN」だが、件数は299件で前月の412件から後退。報告数は減少傾向にあるが、USBメモリを悪用する不正プログラムが今後あらたに発生する可能性もあるとして、同社では注意を怠らぬよう呼びかけている。

7月上旬には、2004年1月に確認された不正プログラム「WORM_MYDOOM」の亜種を使用したDDoS攻撃が、韓国や米国などで発生した。同プログラムは自身のコピーを大量にメール送信するメール拡散型の不正プログラム。今回の亜種には従来型とは異なり、米国や韓国、米国の政府系機関などのドメインを持つ30以上のサイトを標的とする機能が備わっていたという。

また海外では、ミニブログサービス「Twitter」を悪用した攻撃が確認された。不正サイトへ誘導するリンクをクリックすると、不正プログラムに感染するという手法はありがちなものだが、利用しているOSによって異なるプログラムがダウンロードされるという点で注目を集めた。Windowsだけでなく、Macにおいてもセキュリティ対策が重要になっていると、同社では指摘している。

同社がまとめた7月のランキングは以下のとおり。

1位:MAL_OTORUN
2位:BKDR_AGENT
3位:WORM_DOWNAD
4位:JS_IFARME
4位:TSPY_ONLINEG
6位:TROJ_SMALL
7位:TROJ_DROPPER
7位:TROJ_FAKEAV
9位:TROJ_SWIZZOR
10位:MAL_HIFRM

(Security NEXT - 2009/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

4割強「コロナ禍でネットのトラブル増えた」
10月は通信キャリアを装うフィッシングサイトが前月比3.6倍に
テレワーク実施、2021年は2020年に比べて微減 - MMD研究所調べ
「RDP」に対するブルートフォース攻撃が倍増 - ESETレポート
フィッシング攻撃の模擬訓練でクリックが多かったカテゴリー
中小企業の個人情報安全管理コスト、年10万未満が6割強
コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
アフターコロナ、テレワーク中心を望む声は約2割 - デル調査
2021年上半期のサイバー犯罪検挙は5345件 - 高水準で推移
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など