Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

民生委員の自宅に空き巣、個人情報持ち去られる - 群馬県沼田市

群馬県は、沼田市の民生委員の自宅に何者かが侵入し、業務に用いる福祉票などが鞄ごと盗まれたと発表した。

同県によれば、6月28日深夜から29日未明にかけて、民生委員の自宅で盗難が発生したもので、福祉票をはじめ、民生委員証や民生委員手帳、2009年度の活動記録など複数の業務関連書類が鞄ごと持ち去られたという。被害にあった福祉票には、15世帯分の情報が記載されている。

県では今回の盗難事件を受け、県内の市町村および県民生委員児童委員協議会に対し、各委員への注意喚起を実施。再発防止を文書で指導した。

(Security NEXT - 2009/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

従業員が退職時に顧客情報を持出、転職先で使用 - プルデンシャル生命
13年以上にわたる顧客情報の持ち帰りが判明 - 北海道信金
通勤中にUSBメモリ紛失、その後回収 - 新潟県工業技術総合研究所
無許可で持ち帰った業務用記録メディアが鞄ごと盗難被害 - さいたま市
卒業証書の作成委託先で小学校1クラス分の調査票を一時紛失 - 川崎市
高校教諭がサポート詐欺被害、私用PC内に個人情報 - 広島県
公立保育園のUSBメモリ、車上荒らしで盗難 - 福井市
患者情報含むUSBメモリが所在不明 - 横浜市立みなと赤十字病院
民生委員が高齢者名簿を自宅で紛失 - 門真市
幼稚園教諭がサポート詐欺被害 - ファイルが消失、漏洩した可能性