Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA情報セキュリティの標語・ポスターコンクールの作品募集がまもなく開始

情報処理推進機構(IPA)は、「第5回IPA情報セキュリティ標語・ポスターコンクール」の作品募集を7月1日より開始する。

同コンクールは、小中高生を対象に「情報セキュリティ」に関連した標語やポスターを募集するイベントで、2006年より実施しており今回で5回目。情報セキュリティ対策の意識向上を目的に韓国情報保護振興院(KISA)と共同で開催している。

優秀作品には賞金が贈られ、同機構のウェブサイトで発表される。また授賞式は、10月下旬に開催が計画されている「IPAフォーラム2009」にて行われる予定。

応募の締め切りは9月10日で、メール、ファックス、郵送にて受け付ける。応募の際必要となる応募用紙は、同機構サイトからダウンロードできる。

(Security NEXT - 2009/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NRIセキュア、CTFイベント「NetWars」を2月に開催 - 社会人も参加可
初心者もOK、スマートシティ題材のハッキングコンテスト - 締切間近
シンポジウム「SECCON 2020電脳会議」が12月19日に開催
「スミッシング」をテーマとするオンラインカンファレンスを開催 - JPAAWG
「JSAC 2021」はオンライン開催に - 参加登録の受付を開始
若年層セキュコンクールの受賞候補を公開 - 意見を募集
SECCON初のオンライン決勝、約1000チームが参戦 - 一時開催危ぶまれるも若手奮闘
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
日本シーサート協議会、オンラインカンファレンスを開催 - 未加盟でも参加可
高等専門学校向けのセキュリティコンテストを11月に開催