Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「INF/Autorun」がランキング1位に再浮上 - ESETレポート

キヤノンITソリューションズは、ESETが5月にマルウェアの追跡システム「ThreatSense.Net」で観測したウイルス検知の状況について発表した。

同社が発表したマルウェアランキングによれば、前月2位だった「INF/Autorun」が全体の10.90%を占めて1位に浮上した。リムーバブルメディアのオートラン機能を悪用するもので、対策としてWindowsのオートラン機能を無効にするよう注意を促している。

2位は、9.98%と僅差で続いた「Win32/Conficker」。WindowsのServerサービスの脆弱性を悪用して感染を広げるワームだが、共有フォルダやリムーバブルメディア経由で拡散する亜種による被害も発生している。さらに5位にはオートラン機能を悪用するConfickerワームの亜種「INF/Conficker」もランクインした。

3位にはオンラインゲームのアカウント情報を盗む「Win32/PSW.OnLineGames」、4位にはユーザー情報を盗み出す「Win32/Agent」など入ったが、ランキング全体に大きな変動は見られなかった。

最近の動向としては、特定の文書ファイルを悪用する攻撃が増加しており、なかでもPDFファイルが悪用されるケースが多いと指摘。6月よりAdobe Sytemsによる定期的なセキュリティアップデートが開始されたことについて触れ、今後脆弱性に関する情報が迅速に提供されるようになることへの期待を示した。

同社が発表したマルウェアのトップ10は以下のとおり。

1位:INF/Autorun
2位:Win32/Conficker
3位:Win32/PSW.OnLineGames
4位:Win32/Agent
5位:INF/Conficker
6位:Win32/Toolbar.MywebSearch
7位:WMA/TrojanDownloader.GetCodec.Gen
8位:Win32/Qhost
9位:Win32/Pacex.Gen
10位:Win32/Autorun

(Security NEXT - 2009/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
アフターコロナ、テレワーク中心を望む声は約2割 - デル調査
2021年上半期のサイバー犯罪検挙は5345件 - 高水準で推移
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
個人情報の漏洩や紛失などの報告、2020年度は4141件 - 個情委
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも