Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイルホスティングサービス経由でウイルスが流通 - SNSサイトなどに危険なリンク

G Data Softwareによれば、ファイルホスティングサービスサイトにおいて5月末以降ウイルス感染ファイルが急増しているという。

同社研究機関が観測したもので、「rapidshare.com」をはじめ、ファイルホスティングサービスを通じてウイルス感染ファイルの流通が増加している。拡散しているウイルスの種類はバックドアやダウンローダーなど種類は限られず、フリーのツールで作成していると見られている。

またウイルス感染ファイルをダウンロードさせるため、関係者が集まるサイトやSNSなどへリンクが張られているという。こうしたサイトは本来、不正サイトではないことから、危険サイトのブラックリストへ登録することが難しく、圧縮ファイルにウイルスを忍ばせることにより、ウイルス対策ソフトの検知を逃れるなど手口が悪質なことから、同社では被害に遭わないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2009/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
2回目の特別定額給付金? 実際は情報盗む偽サイトへの誘導メール
金融業界の横断的演習「Delta Wall V」を実施 - 金融庁
新コロ陽性者の調査ファイルに接触者名簿 - 加工前のデータ残存
検索リスクの高い有名人、半数がミュージシャン
日本セキュマネ学会、オンライン大会を開催 - 一般も参加可能
macOS向け「ウイルスバスター」に脆弱性 - 悪用は未確認
厚労省の人工呼吸器利用者向け優先配布事業で配送伝票に個人情報を誤記載
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向