Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

商標関連サイトが改ざん被害 - 管理者PCのパスワード盗難が原因か

大槻国際特許事務所は、同社が運営する商標関連サービスを提供しているウェブサイト「商標登録ホットライン大阪(106HOTLINE)」において、改ざん被害が発生したことを明らかにした。

同サイトのページ上に不正なJavaScriptが埋め込まれたもので、被害に気が付き5月14日18時過ぎにアクセスを一時制限したという。感染時期、改ざんの原因は特定されていない。

同社では類似の事例を挙げ、ウイルス感染をきっかけに管理者用のパソコンからウェブサイトの更新に利用するIDやパスワードが盗み取られた可能性があるとしている。

ウイルス感染など、また今回の改ざんによる閲覧者への影響についても詳細はわかっておらず、同社ではウイルススキャンサービスの活用など、感染の確認や駆除を実施するよう利用者へ呼びかけている。

同社では、管理者のパスワードの変更し、改ざんされていないファイルへ書き換えなどを実施し、同月15日4時ごろよりサービスを再開した。また同社の運営する商標業務への影響をはじめ、個人情報や業務情報の漏洩や改ざんといった被害の可能性について否定している。

(Security NEXT - 2009/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

業務用ユニフォームの通信販売サイトに不正アクセス
トヨタ子会社のバッテリーメーカーでサイトの改ざん被害
食肉通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 調査に約1年
北九州市の買い物支援サイトが改ざん - 児童ポルノにリンク
茨城県産業技術イノベーションセンターでサイト改ざん - 不審な英文
不正アクセスでウェブサイトが改ざん被害 - IBS Japan
サーバに不正アクセス、業務に支障なし - 日本ケミコン
古着通販サイトに不正アクセス - 警察からの連絡契機に改ざん発見
サイト改ざんでクレカ情報流出の可能性 - スケートボード専門店
美容品販売サイトでクレカ情報流出か - 不正利用の可能性