Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

法人向けISPサービス利用者向けにセキュリティ対策サービス - ケイ・オプティコム

ケイ・オプティコムとマカフィーは、ケイ・オプティコムの法人向けISPサービスユーザーに「クライアントセキュリティサービス」の提供を開始した。月額利用料は6300円。

「クライアントセキュリティサービス」は、企業内のクライアントPC向けセキュリティ対策サービス。マカフィーのデータセンター内にあるウイルス管理サーバを利用し、パターンファイルの更新情報など一元管理することが可能。

PCがピアツーピアでアップデータをネットワーク内で共有する「Rumor技術」を採用しており、情報更新時におけるネットワークリソースの消費を押さえつつ、最新の状態に保つことができるという。

(Security NEXT - 2009/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
医療情報システムのセキュリティGL準拠を支援サービス
仮想環境向けセキュリティ対策製品を機能強化 - カスペ
テレワーク環境向けセキュリティ診断サービスを提供 - DNPら
暗号鍵のライフサイクル評価サービス - NRIセキュア
エフセキュア、最新OSをサポートしたLinux向け2製品をリリース
マルチクラウドとセキュリティ対策の管理プラットフォーム - TIS
インフォセックとBureau Veritas、海事産業分野のセキュ事業で提携
ネットバンクがセキュ対策の無効化を検知できる技術
「サイバー攻撃疑似偵察サービス」を開始 - NEC SI