Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

物理的セキュリティ対策市場が堅調、2013年には2000億円超規模に

オフィスで利用される物理的なセキュリティ対策ソリューションの市場規模は、設備投資の冷え込みといった影響を受けつつも、2013年まで年平均7.1%の堅調な伸びが予測されている。

ミック経済研究所が、2008年12月から2009年3月にかけて、防災や防犯製品の専業ベンダー、ITベンダーなど45社に対し、入退室や映像監視、物品の持ち出しなど、オフィスにおける物理的なセキュリティ対策を実現するソリューション製品の市場動向について調査を実施し、取りまとめたもの。

同社の分析によれば、同分野における2007年度の市場規模は1381億円。2008年度には1457億円、2009年度はさらに対前年度比105.5%となる1591億円規模へ達する見込み。

経済不況の影響で設備投資の冷え込みなど一部に影響が出ているが、ここ5年の成長率は年平均7.1%と堅調で、2013年には2079億円規模まで拡大するとの予測を示した。

同社ではこうした動きについて、米国などと同様に出入り口付近の異常行動について映像監視が必要となったり、情報漏洩対策において、PC上の対策にとどまらず、入退室管理などへの関心が高まっていると指摘。今後も事前対策などリスク管理の観点から、需要が高まると分析している。

また成長段階にあるICカードを利用した統合管理システムといった製品の市場拡大など、長期的な面からも同分野における成長が見込まれるという。

090323mi.jpg
2013年には2000億円規模の市場になると予測(ミック経済研究所)

(Security NEXT - 2009/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年度の国内WAF市場、前年度比15.9%増
国内上場企業が優先対処したいリスク、上位に「サイバー攻撃」
2021年の悪質ECサイト報告数、前年の約1.7倍に
2021年の上場関連企業の個人情報事故は137件 - TSRまとめ
2025年のセキュリティサービス市場は1兆円超に - IDC予測
SaaS型セキュ対策が活況 - アプライアンスは需要後退
11月のフィッシング報告、初の3万件台で過去最多 - 上位5ブランドで9割
2019年の情報ガバナンスコンプライアンス市場は440億円 - 伸び悩む「DLP」
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
クラウドセキュリティ市場、高成長を予測 - IDC Japan