Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「東京ユビキタス計画2009」にシステム不具合 - 仮復旧し一部調整中

東京都と国土交通省が実施している「東京ユビキタス計画2009」の一般公開実験で、実験開始初日となる2月10日にシステムトラブルが発生した。

「東京ユビキタス計画2009」は、新宿や銀座エリアにおいて携帯端末に対して情報提供を行うユビキタス環境実現に向けた一般公開実験。2月10日より3月6日まで提供を予定している。

東京都によれば10日にトラブルが発生し、その後仮復旧により12日より提供を再開した。一部システムでは調整が進められており、利用できないサービスがあるなど影響が出ている。

東京ユビキタス計画
http://www.tokyo-ubinavi.jp/

(Security NEXT - 2009/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IIJmioの一部アプリで他ユーザー情報を誤表示
システム不具合でメールアドレスが宛先に - エポック社関連サイト
ネットスーパーの個人情報誤表示、原因特定できず - ヤオコー
メールアドレス流出、自動PPAP機能に不具合 - 原子力規制委
予約サイト「EPARK」で別会員情報を誤表示 - キャッシュ処理で不具合
「Omiai」運営会社の企業サイトで不具合 - 顧客の問い合わせを意図せずキャッシュ
都の医療従事者向け「ワクチン接種予約システム」に複数不具合
生活保護関係書類で誤印字、別世帯の個人情報 - 神戸市
畜産生産者支援サイトで個人情報が流出 - キャッシュ機能追加に起因
メルマガで不具合、会員のメアドが流出 - 翻訳者向け会員制サービス