Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

センター試験志願者の名簿を紛失、誤廃棄か - 同志社大学

同志社大学は、大学入試センター試験の志願者800人の個人情報が記載された名簿の紛失を明らかにした。一般ごみとして誤って廃棄された可能性が高いとしている。

所在が不明となっているのは、同大学で1月17日および18日に実施された2009年度大学入試センター試験の「入学志願者名簿」。受験者800人の氏名、電話番号、受験番号、性別、生年月日、高校名など個人情報が記載されていた。

同資料は、2008年に大学入試センターから送付され、同大が保管していたが、1月8日に紛失していることが判明。同日に一般ごみの回収が行われ焼却処分されているが、その際に誤って廃棄した可能性が高いと同大では説明している。

同資料は大学入試センターから再交付を受けたため、センター試験の実施に支障はなかった。試験結果や今後の受験への影響もないという。同大学では再発防止に向け、「入試関係文書の取扱事務改善検討委員会」を設置して、管理体制の改善を目指す。

(Security NEXT - 2009/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

前年に廃棄したつもりの労災事故書類、公園で見つかる - 宮城労働局
未発送のローン残高通知ハガキ、従業員が処理に困り裁断 - 東山口信金
顧客情報含む伝票綴り39冊が所在不明に - 京都中央信金
2店舗で本人確認資料などを紛失 - 佐原信金
公文書680件を誤廃棄、大半は審査会意見聴取前に - 三重県
顧客情報記載の書類が所在不明、誤廃棄の可能性 - 広島県信用組合
傘下3行で顧客情報含む帳票約4万件を紛失 - 山口FG
特定日の戸籍証明書交付申請書が所在不明に - 枚方市
追加調査で文書保存箱の紛失や誤廃棄が判明、あわせて5箱に - 静岡市
個人情報含む廃棄文書が運搬中に飛散、回収 - 京丹後市