Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

30年以上取引のない口座の印鑑票7万6155件を誤廃棄 - 鹿児島銀

鹿児島銀行は、58店舗において顧客情報を記載した印鑑票7万6155件を誤って廃棄したと発表した。

誤廃棄したのは、氏名や住所、口座番号、生年月日、印影など記載した印鑑票。同行の一部店舗で点検をした際に紛失へ気が付き、全店調査を実施した結果判明した。

いずれも30年以上取引がない口座だという。同行では、10年以上取引がない口座について通常の口座とわけて管理しており、平均預金額は約300円で、情報が不正に利用されたとの報告は受けていないと説明している。

同行では、今回の件で口座番号や暗証番号を聞くことはないとして、振り込み詐欺などへ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2009/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウド設定不備で顧客情報に外部アクセス - 琉球銀
益茂証券で個人情報流出の可能性 - サイト管理事業者が認証機能を誤って無効化
外部クラウド利用したカードローン申込窓口に設定不備 - 三井住友信託銀
過去の助成対象者情報含むファイルを研究者などへ送信 - 佛教大
ファイル内に顧客情報、気付かず提携先に複数送信 - 神奈川銀
解約済印鑑票3497件が所在不明 - 沖縄海邦銀
「Salesforce」設定不備で顧客情報に外部アクセス - 静岡銀
顧客情報を外部送信、表計算ファイルで別シートの存在気付かず - 横浜銀
SMBC信託銀のクラウド設定ミス、暗号化暗証番号が平文で閲覧も
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA