Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ウイルスバスター2009」へアップデートした一部環境で不具合

トレンドマイクロは、「ウイルスバスター2008」より「同2009」へアップグレードした一部環境において、不具合が発生していることを明らかにした。同社では対処方法をアナウンスしており、詳細について調べを進めている。

不具合が確認されたのは、前バージョンとなる「ウイルスバスター2008」においてウイルス検索エンジン「VSAPI 8.911」へアップデートし、さらに最新版となる同2009へアップグレードした環境。同社によれば、再起動を促すメッセージが繰り返し表示される現象が発生するという。

同社では、心当たりがあるユーザーに対して、「ウイルスバスター2009」を再インストールしてほしいとアナウンス。また詳細について調査を実施しており、問題を解決するまで同2009へアップデートを行わないよう呼びかけている。

トレンドマイクロ
http://www.trendmicro.co.jp/

(Security NEXT - 2009/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

エポック社の通販ショップで個人情報が流出 - メールプログラムに不具合
UQ mobileで信用情報登録ミス、最大1万2176人の与信判断に影響した可能性
「雇用調整助成金」のオンライン受付システムが再開
写真クラウドのデータ消失、原因はプログラムミス - キヤノン
中古重機の販売サイトで不具合 - 他顧客情報を誤表示
石川と兵庫で電話サービス故障、誤着信など発生 - NTT西
セブンのバーコード決済など一時障害 - ネットワーク設定不備で
TIS、障害発生したリモートアクセスサービスを終了へ
誤アップロードされた個人情報、削除されずメール配信 - スペースマーケット
マスク販売の当選メールで宛先が流出 - プログラム不具合で