Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報8650件を記載した伝票が所在不明 - 愛知銀行

愛知銀行において、約8650件の取引情報を記載した伝票が所在不明になっていることがわかった。

紛失したのは、同行浄心支店が2004年11月に扱った伝票綴りで、10月に資料作成のため書庫内を調査したところ、問題が判明した。顧客名や口座番号、取引金額など約8650件の取引情報が含まれていたと見られるが正式な件数は明らかになっていない。

同行では伝票の探索などを行ったが発見できず、誤って廃棄した可能性が高いと結論づけている。また今回の紛失が原因となった不正請求などもないという。同行では問い合わせ窓口を設置し、対応にあたっている。

(Security NEXT - 2008/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

書類を誤送付、宛名シールのミスに気づかず - 広島銀
傘下3行で顧客情報含む帳票約4万件を紛失 - 山口FG
顧客情報含む書類を移送中に誤廃棄 - みちのく銀
顧客情報が記載された伝票綴りが所在不明 - 栃木銀
事業吸収分割で無関係の口座情報を誤提供 - 新生銀
30支店で本人確認書類の管理不備が判明 - 愛媛銀
識別子などユーザー関連情報がGitHub経由で流出 - LINE Pay
顧客の預金残高を知人に漏洩、従業員を懲戒解雇 - 阿波銀
顧客情報含む伝票綴り1冊が所在不明 - 三十三銀
北海道銀、副業で従業員2名を懲戒解雇 - 顧客情報の不正利用は否定