Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

会社が付与するメールアドレスは「個人情報」7割 - アイシェア調査

会社が付与するメールアドレスについて、約7割のユーザーが個人情報と認識していることがアイシェアの調査でわかった。SNSやメッセンジャーのアカウントを個人情報と捉えるユーザーはさらに多いという。

同社が、20代から40代の同社会員を中心に、会社やサービスで付与されるメールアドレスやアカウントに関して意識調査を実施したもので、有効回答数は461。

会社や学校が付与するメールアドレスの利用者にこれら情報が個人情報であるかとの質問を行ったところ、個人情報とする回答は70.7%で、29.3%は「個人情報ではない」と認識していた。

一方、SNS利用者に対してサービスのアカウントやIDが個人情報であると考えるかとの問いに対して、86.9%が個人情報と回答。年代が高くなるにつれて個人情報と捉える傾向が強かったという。またメッセンジャーのアカウントについても84.7%が個人情報と認識していることがわかった。

(Security NEXT - 2008/10/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

自治体防災メール、送信ドメイン認証「SPF」に9割対応 - 「DMARC」は1割強
10月のフィッシング報告、過去最高更新 - URLは約17%減
2020年上半期の標的型攻撃は3978件、前年同期の約1.5倍に - 警察庁まとめ
衰え見せぬフィッシング攻撃 - 報告、URLともに最多記録を更新
フィッシング報告、2万件の大台突破 - 上位4ブランドで9割超
巧妙化するBEC、実質被害逃れるも送金前後で気付くケースも
標的型攻撃、「圧縮ファイル」利用が前年比2.5倍に
2019年上半期の標的型攻撃は2687件 - 圧縮ファイル悪用が急増
国内組織の意図せぬ従業員情報がネット上で流通
フィッシングURLが最多記録を更新 - 報告やブランド悪用被害も増加