Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

発見した不審ファイルを即時確認する新技術「Artemis」 - マカフィー

マカフィーは、不審なファイルを検知し、リアルタイムでマルウェアか特定する新技術「McAfee Artemis Technology」を開発した。

同技術では、コンピュータ内で疑わしいファイルが検出された場合にリアルタイムで同社のサーバに接続し、マルウェアか判定。従来の定義ファイルベースの対応では対応までに数時間から数日が必要だったが、新技術が加わることで未知のファイルにも迅速な対応を実現する。

同技術は同社製品に順次搭載される予定。中小企業向けの「McAfee Total Protection Service」をはじめ、9月末には「McAfee VirusScan Enterprise」、およびコンシューマー向け製品でも利用可能となる見込み。

(Security NEXT - 2008/09/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング報告、2カ月連続で3万件超 - URL件数も高水準
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
30〜40代、3割超がネットトラブル経験 - ネットリスク理解8割
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
標的型攻撃のレスキュー支援、2020年上半期は45件
Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件
「TCP 445番ポート」宛てのパケットが増加傾向 - JPCERT/CC観測
大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加