Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

発見した不審ファイルを即時確認する新技術「Artemis」 - マカフィー

マカフィーは、不審なファイルを検知し、リアルタイムでマルウェアか特定する新技術「McAfee Artemis Technology」を開発した。

同技術では、コンピュータ内で疑わしいファイルが検出された場合にリアルタイムで同社のサーバに接続し、マルウェアか判定。従来の定義ファイルベースの対応では対応までに数時間から数日が必要だったが、新技術が加わることで未知のファイルにも迅速な対応を実現する。

同技術は同社製品に順次搭載される予定。中小企業向けの「McAfee Total Protection Service」をはじめ、9月末には「McAfee VirusScan Enterprise」、およびコンシューマー向け製品でも利用可能となる見込み。

(Security NEXT - 2008/09/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
国内ではブラウザ上でのマルウェア検知が7割超 - ESET
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
悪意あるファイル5%増、URLは6割減 - カスペ調査
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
フィッシング報告、2カ月連続で3万件超 - URL件数も高水準
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……