Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

発見した不審ファイルを即時確認する新技術「Artemis」 - マカフィー

マカフィーは、不審なファイルを検知し、リアルタイムでマルウェアか特定する新技術「McAfee Artemis Technology」を開発した。

同技術では、コンピュータ内で疑わしいファイルが検出された場合にリアルタイムで同社のサーバに接続し、マルウェアか判定。従来の定義ファイルベースの対応では対応までに数時間から数日が必要だったが、新技術が加わることで未知のファイルにも迅速な対応を実現する。

同技術は同社製品に順次搭載される予定。中小企業向けの「McAfee Total Protection Service」をはじめ、9月末には「McAfee VirusScan Enterprise」、およびコンシューマー向け製品でも利用可能となる見込み。

(Security NEXT - 2008/09/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新コロ便乗、2Qに急増 - 不正サイト誘導14.6倍に
クラウドセキュリティ市場、高成長を予測 - IDC Japan
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
マルウェア遭遇リスク、日本は世界で下から8番目
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
人気エンタメ作品に危険サイトが便乗 - 「無料」で誘惑
進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調
狙われるZyxel製ネットワーク管理製品の脆弱性 - ボットネットも標的に