Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

添付ミスで技術委員の住所や銀行口座など誤送信 - NEDO

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、技術委員など学識経験者に関する個人情報を含んだファイルを誤って流出したと発表した。

技術委員47人に対して誤ってファイルを送信したもので、75人分の住所や銀行口座など、個人情報が記載されていた。9月10日、同機構の職員が委員会の日程調整を行うため技術委員47人にメールを送った際、誤って添付したという。

送信直後にミスに気付き、同機構では関係者に対して謝罪し、誤送信メールの削除を依頼した。

(Security NEXT - 2008/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者
人権救済申立の勧告書に実名、マスキング漏れで - 大阪弁護士会
私学調査でメールアドレスリストを誤添付 - 大阪府
新卒採用受験者に個人情報を誤送信、未記入ファイルと取り違え - 毎日放送
非公開情報をメールに添付して誤送信 - 総務省
政治資金収支報告書の領収書写しを紛失 - 大阪府選管
県サイトに就農者の個人情報を誤掲載 - 岐阜県
なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー
「Emotet」に感染、送受信メールが流出した可能性 - 京セラ
新コロ陽性者の調査ファイルに接触者名簿 - 加工前のデータ残存