Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

診断書など取り違えて患者へ送付 - 岐阜県総合医療センター

岐阜県総合医療センターにおいて診断書の誤送付事故が発生し、個人情報が流出したことがわかった。

8月18日に診断書や入通院の証明書を送付する際、2人の患者を取り違えて送付したもので、21日にミスが判明した。

誤って送付された診断書には、患者の氏名、住所、生年月日、性別、職業をはじめ、病歴や既往歴、家族構成、経過、処方内容、今後の治療方針などが記載されていた。一方、入通院の証明書については未開封のまま回収したという。

同院では、患者へ謝罪し、誤って送付した書類を回収。正しい書類を発行した。今後は書類を原則手渡しとし、郵送する場合には封入作業を複数で行うなど対策を実施し、再発防止を目指すとしている。

(Security NEXT - 2008/08/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

料金払込票を一時紛失、配送センター洗浄室で回収 - ミニストップ
ふるさと納税の受納証明書600人分を別人へ誤送付 - みやき町
検討会の傍聴申込メールを誤送信 - 総務省
看護専門学校で成績査定表や解答用紙が所在不明 - 岐阜県
ふるさと納税関連書類を誤送付、封入ミスで - 雨竜町
郵送チケットに宛名と別人の氏名など記載 - アパレル会社
水道利用者のクレカ情報含む書類が所在不明 - 札幌市水道局
政府行政ポータル「e-Gov」で個人情報が流出 - リニューアル後に複数不具合
個人情報記載の乳がん検診受診票を誤送付 - 墨田区
個人情報含む国民健康保険の申請書を誤送付 - 郡山市