Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットスター、センチュリーのルータへフィルタリング機能を提供

ネットスターは、センチュリー・システムズのルータ製品「FutureNet XR-540/C」向けにフィルタリングサービス「サイトアンパイア」の提供を9月8日より開始する。

同社では、従来よりヤマハ製ルータ製品向けに「サイトアンパイア」を提供してきたが、対応機種を拡大したもので、「FutureNet XR-540/C」上でネットスターが提供するURLフィルタリング機能を利用できる。

同サービスでは、GUIによる設定やホワイトリスト、ブラックリスト、ユーザーグループの設定、アクセスログの出力機能など備えている。また、6種類のデフォルトルールを用意した。

同製品の既存ユーザーについては、9月8日に公開を予定しているファームウェア ver3.6へバージョンアップすることにより利用可能となる。

価格は3万3000円(5ユーザ)から。販売はセンチュリー・システムズや代理店が行う。

(Security NEXT - 2008/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
文教向けにMDMとフィルタリングのパッケージ - ハンモック
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ
フィルタリング製品に新版、安全性未確認URLへのPW送信を遮断
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
クラウド型ウェブゲートウェイにログ分析オプション
ウェブフィルタリングソフトにアイソレーション機能 - ALSI
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加