Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メモリ消費を抑えたウイルス検索エンジンを配信 - トレンドマイクロ

トレンドマイクロは、ウイルス検索エンジンの最新版「VSAPI 8.9」の提供を開始した。

「VSAPI」は、同社が配信するパターンファイルを利用し、ウイルスをはじめとする不正プログラムの検出や駆除を行うモジュール。同社のウイルス対策製品全般に搭載されている。

従来同モジュールでは、すべてのパターンファイルをカーネルメモリ上に展開して処理を行っていたが、最新版では不正プログラムの有無を確認するデータのみ展開することで、平常時のメモリ使用量を最大70%削減したという。

同エンジンは、8月4日よりウェブサイト上で公開を開始しており、アップデート機能による配布についても、企業向け製品については19日、個人向け製品については20日より配信を開始する予定。

(Security NEXT - 2008/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
セキュリティ学ぶ医療機関や大学向けボードゲーム教材
LINEでURLの危険度を判定する無償サービス - トレンド
パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
教育機関でのセキュ事故対応を学ぶゲーム教材 - 沖縄県
エンドポイント対策製品「Apex One」にSaaS版 - トレンド
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド
独自エンジンで相関分析するサーバ監視サービス - NTTデータ先技