Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NECの認証局ソフトがグローバルサインのパブリック認証局サービスと連携

NECとグローバルサインは、電子認証の分野で協業すると発表した。認証局ソフトウェア製品とパブリック認証局サービスの連携など目指す。

今回の提携により、NECの認証局ソフトウェア「PKIサーバ/Carassuit」とグローバルサインのパブリック認証局サービス「マネージドRAサービス」の連携を実現し、NECでは、「マネージドRAサービス」に対応した「PKIサーバ/Carassuit 外部認証局接続オプション(G)」を9月12日より出荷する。

同システムでは、S/MIMEや文書へ付与するデジタル署名に利用できるパブリック証明書発行が可能。またソフトウェアの管理画面から登録局やカスタム認証局などの一元管理が可能で、それぞれ利用企業向けに仕様をカスタマイズできる。

(Security NEXT - 2008/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
ブロックチェーンでIoT機器の真正性を確保 - NEC
ネット分離環境でファイルを受け渡しする製品 - ソリトン
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
家庭用IoTデバイスを保護するセキュリティソリューション - デジオン
CSAJ、データ消去証明書の発行事業を開始 - 対応ソフトやサービス事業者を募集
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
デバイス証明書にも対応するクラウド向けSSOサービス - HDE