Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

共有ファイルを暗号化し、暗号鍵を一元管理できる新製品 - エントラスト

エントラストジャパンは、共有ファイルを暗号化し、暗号鍵の一元管理を実現した「Entrust Entelligence Group Share」の販売を開始した。

同製品は、共有ファイルを暗号化することで外部への情報漏洩を防止するセキュリティソリューション。「グループ鍵暗号化方式」により、ユーザーグループ単位で暗号化や復号化に用いる鍵を一元管理が可能。ユーザーの追加や削除、権限の変更時にも、ファイルを再度暗号化する必要がない。

暗号化は、ファイルを「暗号化フォルダ」へ移動させるだけよく、暗号化後もファイルの拡張子やアイコン、ファイル名などが変わらないため、ユーザーは暗号化を意識せず普段通りファイルを利用することが可能。

また一度暗号化されたファイルは、USBメモリやほかの端末に移したり、メールで送信しても暗号化された状態が保たれる。オンラインユーザーに対しては、利用ごとにユーザー認証や復号鍵を付与するが、復号鍵を有効期限を決め、キャッシュすることでオフラインでも利用できる。

Entrust Entelligence Group Share

(Security NEXT - 2008/07/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「MIRACLE ZBX」に新版、セキュリティ面を強化
ランサムウェア「Yanluowang」の復号ツールを提供 - カスペルスキー
NICT、プライバシー保護連合学習技術をイエラエに技術移転
復号化せずに「SSL/TLS」を用いたDDoS攻撃を防御 - Radware
管理機能を強化した個人情報検出ソフト「すみずみ君Advance」
顔情報を暗号化したまま認証する「秘匿生体認証技術」 - NEC
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
ファイルサーバのAWS移行とファイル暗号化を支援 - ALSI
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック