Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

37店舗で印鑑票743枚が所在不明 - 大東京信用組合

大東京信用組合は、37店舗において印影など顧客情報を記載した743枚の帳票の紛失したと発表した。

所在がわからなくなっているのは、氏名や住所のほか、顧客番号、口座番号、印影など個人情報が記載された印鑑票743枚。同信組では、不正に持ち出された形跡がないとして誤廃棄した可能性が高いと説明しており、不正利用に関する連絡も受けていないという。

同信組では今回の事故を受け、関係者に対して事情を説明。また信頼の回復を目指し、取り扱いの再度徹底を図るとしている。

(Security NEXT - 2008/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

敬老祝金贈呈調書が所在不明に - 静岡市
県立高校で携帯電話の持込申請書が所在不明 - 岐阜県
返却報告書類を別人宅に届ける事故 - 大阪市
農村地域生活アドバイザー関連書類を一時紛失、関係者宅で見つかる - 新潟県
幼稚園の届出書などが所在不明 - 大阪府
休眠口座の印鑑届が所在不明に - 浜松いわた信金
廃止店舗の顧客情報記載帳票が所在不明 - 東北労金
文書開示請求で原本を誤交付、テープでマスキング - 愛知県
顧客情報含む伝票綴りを箱ごと紛失、取り違えて廃棄か - 豊和銀
定期預金の印鑑届を紛失、誤って廃棄か - 北越銀