Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通四国システムズ、PCセキュリティ診断ソフトの機能を強化 - メールソフトの設定もチェック

富士通四国システムズは、パソコンのセキュリティ対策状況を診断できるソフトウェアの最新版「DOEXPRESS Security V3.0」を提供開始した。

同製品は、OSやパスワードの設定状況、ウイルス対策、WinnyやShareといったファイル共有ソフトの利用状況など、PCにおけるセキュリティ対策状況を診断するソフトウェア。イントラネット版とASP版が用意されている。

最新版では、システム管理者が指定したソフトのインストール状況や、「Outlook Express」などメールソフトの設定状況、スタンバイモードから復帰際のパスワード設定など、新たな診断機能を追加。また対応ウイルス対策ソフト診断機能では、トレンドマイクロやマカフィー、シマンテック製品など主要6製品をあらたにサポートした。

DOEXPRESS Security V3.0

(Security NEXT - 2008/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

組織が利用するIPアドレスを可視化するサービス - ラック
パブリッククラウドのセキュ診断サービス - イエラエ
AWSのセキュリティを診断し可視化するサービス - TDCソフト
クラウドの設定ミスをチェックするサービス - エルテス
「Salesforceセキュリティ診断サービス」を提供 - KCCS
AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
エフセキュアと加賀FEI、IoT機器のセキュ診断で協業
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
不正通信診断サービスを1月29日まで無償提供 - ALSI