Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通四国システムズ、PCセキュリティ診断ソフトの機能を強化 - メールソフトの設定もチェック

富士通四国システムズは、パソコンのセキュリティ対策状況を診断できるソフトウェアの最新版「DOEXPRESS Security V3.0」を提供開始した。

同製品は、OSやパスワードの設定状況、ウイルス対策、WinnyやShareといったファイル共有ソフトの利用状況など、PCにおけるセキュリティ対策状況を診断するソフトウェア。イントラネット版とASP版が用意されている。

最新版では、システム管理者が指定したソフトのインストール状況や、「Outlook Express」などメールソフトの設定状況、スタンバイモードから復帰際のパスワード設定など、新たな診断機能を追加。また対応ウイルス対策ソフト診断機能では、トレンドマイクロやマカフィー、シマンテック製品など主要6製品をあらたにサポートした。

DOEXPRESS Security V3.0

(Security NEXT - 2008/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
個人情報含むファイルを検出し、傾向と対策を示すサービス
テレワーク環境のセキュ対策診断サービス - IIJ
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
テレワーク環境向けセキュリティ診断サービスを提供 - DNPら
SISとAeye、サイトの脆弱性診断サービスの提携拡大
ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec
脆弱性診断サービスを刷新、最短3日のプランも - PSC
マルチクラウドとセキュリティ対策の管理プラットフォーム - TIS
MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス