Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

年金記録関連書類を移転前のファックスを番号に - 埼玉の社会保険事務所

埼玉社会保険事務局は、管轄内の2事務所において2007年に発生していたファックス送信ミスを明らかにした。ファックスを受信した個人から指摘を受け、判明したという。

同事務局によれば、2007年8月から10月にかけて、浦和社会保険事務所で3回、川越社会保険事務所で1回、計4回の誤送信が発生したもの。厚生年金期間の記録調査依頼を受け、愛知県昭和社会保険事務所へファックスで照会する際、誤って関係ない個人宅へ調査関連書類を送信していた。

愛知県昭和社会保険事務所は移転しており、ファックス番号も変更されたが、職員が以前の番号へ送信していたという。関連する事務所では、誤送信先および調査依頼者に対し事情説明と謝罪を行った。

今後は、ファックス送信時に最新の一覧表を利用するほか、複数で送信時に番号をチェックするなど再発防止に取り組む。

(Security NEXT - 2008/06/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
新型コロナ感染者の個人情報を報道機関へ誤送信 - 横浜市
宛先違いや誤操作で新型コロナ患者情報を誤ファックス - 名古屋市
新型コロナ自宅療養者の個人情報をFAX誤送信 - 世田谷保健所
聖火ランナーの生年月日を報道発表資料に誤記載 - 佐賀県
新型コロナ患者の個人情報をファックスで誤送信 - 名古屋市
施設予約申込書に電話番号記載ミス、誤FAXで判明 - 名古屋市
保育園でPCR検査同意書を誤ファックス - 生駒市
複数自治体で新型コロナ患者情報の誤送付が発生
クラウド設定ミスで顧客情報が流出 - 楽天グループ3社