Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業向けメールシステム「SYNCDOT」をSaaSで提供 - 富士通長野SE

富士通長野システムエンジニアリングは、企業向けメールシステム「SYNCDOT」の主要3機能を、SaaS型サービス「SYNCDOT+」として6月16日より提供開始する。

同サービスは、メール保存サービス「MailKeeperPRO」、ウェブメールサービス「WebMailer」、「ウイルス、スパム対策サービス」の3機能を提供するSaaS型サービス。企業の環境に応じて必要な機能やライセンス数だけを利用できる。

企業向けメールシステム「SYNCDOTシリーズ」の主要機能をSaaS型サービスへ応用した。同社データセンターが24時間365日体制で監視を行うため、システム運用や障害発生時の対応など管理負担が軽減される。

価格は、メールアーカイブサービスが容量100Gバイトの場合で初期費用21万円、月額料金4万2000円。ウェブメールサービスが300アカウントの場合で初期費用33万6000円、月額料金15万1200円。ウイルス、スパムブロックサービスが初期費用10万5000円、月額料金1IDあたり420円。

(Security NEXT - 2008/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ノートン360」の上位製品に個人情報流出の通知機能
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec
メール受信サーバでDMARC認証結果レポートを作成できる無償サービス
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
サイバー保険を付帯した標的型攻撃メール訓練をOEM供給
カスタマイズ可能なフィッシングの模擬演習サービス- エフセキュア
クリック時にクイズで教育するフィッシングトレーニング - 仏Vade
LINEでURLの危険度を判定する無償サービス - トレンド