Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

VistaのWFPと連携を実現した「ZoneAlarm」が発売

ジャングルは、Windows Vistaに対応したセキュリティ対策ソフト「ZoneAlarm」シリーズの最新版2製品を6月26日より発売する。

同製品は、イスラエルのCheck Point Software Technologiesが開発したセキュリティ対策ソフト。「ZoneAlarm Pro Vista SP1対応」では、ファイアウォール機能やスパイウェア対策機能を提供。Vistaから搭載されたAPI「Windowsフィルタリングプラットフォーム(WFP)」に対応しており、OSとの連携動作によりプロアクティブな防御を実現する。

一方「ZoneAlarm Internet Security Suite」は、ファイアウォールやスパイウェア対策機能に加え、ウイルスやフィッシング、スパム対策機能を搭載した上位版。有害サイト対策機能や自動学習機能なども利用できる。

080611jg.jpg

(Security NEXT - 2008/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新シリーズ「FortiGate 200G」を発表 - フォーティネット
主要ベンダー製品と連携するXDRを7月に提供 - Cisco
パロアルト、「PAN-OS」に新版 - Advanced WildFireなど新機能
EGセキュア、クラウド型WAFサービスを提供 - CMS向け設定や国別フィルタも
AWS向けFWマネージドサービスの国内展開を開始 - パロアルト
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
クラウド処理を活用、「PAN-OS 10.2 Nebula」をリリース - パロアルト
フォーティネット、新シリーズ「FortiGate 3000F」を発表
Akamai、WAFとAPI防御を統合したWAAP「App & API Protector」を発表
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード