Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「満期金支払う」とうそ - 個人情報を聞き出す実在しない保険会社に注意

実際には存在しない保険会社「東亜保険株式会社」を名乗り、個人情報を聞き出そうとする事件が発生している。金融庁や国民生活センターでは、誤って情報を提供しないよう注意を呼びかけている。

国民生活センターなどによると、問題の業者は「リフォーム業者が掛けていた保険の満期金が支払われる」などとして、受け取るために口座開設が必要などと説明、申込書に銀行の口座番号や捺印など個人情報を記入させ、返信を求めるという。

保険業務を提供するには、金融庁が保険業法に基づいて免許を付与しているが、「東亜保険株式会社」は登録されていない。提供した個人情報が悪用されるおそれもあることから、国民生活センターでは、連絡を取ったり返信しないよう呼びかけている。

また再保険事業などを展開しており、社名の発音が似ている「トーア再保険」では、再保険事業において個人へ直接連絡を取ることはないとし、一切関係ないとして同様に注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Instagramにハワイ州観光局の偽アカウント - フィッシングDMを送信
鹿児島県、Instagramの偽アカウントに注意喚起 - 個人情報を詐取
「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を
緊急事態宣言の再発令に早くも便乗、「特別定額給付金」フィッシングに注意
「UCカード」利用者狙うフィッシング - 利用状況確認とだます手口
「Xmasプレゼント」の偽キャンペーンに注意 - 知人のSNS投稿にも警戒を
ワークマンの偽サイトに注意 - 格安価格などで誘導か
「UCSカード」装うフィッシング - 取り引き確認とだます手口
「不在通知」スミッシングの相談倍増 - キャリア決済で被害も
「税金還付を受ける権利があります」 - 偽国税庁に注意