Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

改正特定電子メール法が可決 - 広告メールは事前同意が必要に

2月29日に国会に提出されていた迷惑メールを取り締まる改正特定電子メール法が衆参両院で可決した。公布から6カ月以内に施行される。

「特定電子メール法」は2002年に成立。2005年に法改正されたが、3年が経過し、迷惑メールの巧妙化が進んでいることから、今回の改正では従来の「オプトアウト方式」が見直され、施行後は受信者に事前に同意が必要となる「オプトイン方式」が導入された。

さらに法の実効性を高めるため、送信者情報を偽装したメール送信はプロバイダが拒否できるようになるほか、国内向けに発信されたメールであれば、海外サーバから送信されたメールも対象となる。また罰金額が100万円以下から3000万円以下に引き上げられた。

(Security NEXT - 2008/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

都が中小企業セキュ対策であらたな支援事業 - 試験的に機器設置、インシデント対応もサポート
「JSAC 2021」はオンライン開催に - 参加登録の受付を開始
制御システムのリスク分析を解説 - IPAがオンラインセミナー
フィッシングにパーソナライズの傾向 - 狙われるブランドは変わらず「MS」
国内主要企業の約8割、「DMARC」未導入 - 「Reject」ポリシーの活用わずか
自治体防災メール、送信ドメイン認証「SPF」に9割対応 - 「DMARC」は1割強
Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件
10月のフィッシング報告、過去最高更新 - URLは約17%減
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG