Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

印鑑証明の交付申請書など1万4791件を誤廃棄 - 新宿区

新宿区において、印鑑登録証明書交付申請書など行政文書1万4791件を誤って廃棄していたことがわかった。

誤廃棄したのは、2006年12月から2007年5月分までに同区榎町特別出張所が扱った住民票や戸籍証明、印鑑登録証明関係の申請書など1万4791件。開示請求を受けて調査したところ、4月23日に事故が判明した。

同区によれば、2007年6月に保存期限内の文書を、ほかの廃棄文書とともに誤って処理したという。また、これら文書は溶解処理されており、個人情報など記載内容が外部へ流出するおそれはないと説明している。

(Security NEXT - 2008/04/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

解約元帳やローン借入申込書など誤廃棄の可能性 - コザ信金
21店舗で顧客情報の紛失や誤廃棄が判明 - 福岡ひびき信金
患者情報含む書類を誤廃棄、資源物置場から回収 - 熊本大病院
顧客情報記載した書類の紛失や誤廃棄が判明 - めぶきカード
公文書414件が所在不明、保管期間満了前に誤廃棄か - 群馬県
個人情報含む法人文書ファイルが所在不明 - 島根大
顧客情報記載の書類綴りを紛失 - 兵庫信金
2店舗で本人確認資料などを紛失 - 佐原信金
公文書680件を誤廃棄、大半は審査会意見聴取前に - 三重県
追加調査で文書保存箱の紛失や誤廃棄が判明、あわせて5箱に - 静岡市