Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

印鑑証明の交付申請書など1万4791件を誤廃棄 - 新宿区

新宿区において、印鑑登録証明書交付申請書など行政文書1万4791件を誤って廃棄していたことがわかった。

誤廃棄したのは、2006年12月から2007年5月分までに同区榎町特別出張所が扱った住民票や戸籍証明、印鑑登録証明関係の申請書など1万4791件。開示請求を受けて調査したところ、4月23日に事故が判明した。

同区によれば、2007年6月に保存期限内の文書を、ほかの廃棄文書とともに誤って処理したという。また、これら文書は溶解処理されており、個人情報など記載内容が外部へ流出するおそれはないと説明している。

(Security NEXT - 2008/04/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む一部建物事前調査報告書が所在不明 - 新潟県
小学校で児童の既往歴など含む保健調査票を誤廃棄 - 相模原市
預金や出資金の申込書などが所在不明 - 鹿児島相互信金
国民審査の投票録を保管期限前に誤廃棄 - 板橋区
マイナンバー含む共済金の支払調書データを誤廃棄 - JA福井県
就学援助費請求の内訳書や卒業生台帳が所在不明に - 横浜市
厚生省で行政文書の誤廃棄が発生 - 情報流出なく業務への支障もなし
行政書類など誤廃棄や紛失など613万件が判明 - 神戸運輸監理部
顧客情報含む伝票綴りを箱ごと紛失、取り違えて廃棄か - 豊和銀
行政文書を紛失、誤廃棄の可能性も - 公取委