Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

長期休暇目前、IPAやJPCERTが事前対策を呼びかけ

ゴールデンウィークに向けて、情報処理推進機構やJPCERTコーディネーションセンターなどは、事前の対策を呼びかけている。

システム管理者に対しては、不測の事態が発生したときの緊急連絡体制の整備やサーバにおける不要なサービスの停止、適切なアクセス権限の設定、使用しないサーバやPCのシャットダウン、データの持ち出し管理など、長期休暇への準備徹底を呼びかけている。

また一般の従業員についても企業内のPCを利用する場合、休暇中はシステム管理者が不在になり、被害を受けた際の対応が遅れる可能性があるとして、被害防止を求めた。

一方、自宅でパソコンを利用する個人ユーザーに対しても、OSやアプリケーションのアップデートのほか、ウイルス対策ソフトへ最新の定義ファイルを適用したり、バックアップを実施するよう注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2008/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、大型連休における対策徹底呼びかけ
まもなくゴールデンウィーク、セキュリティ体制の確認を
フィッシング、人事装うメールが高クリック率 - IT部門が低いとは限らず
年末年始の長期休暇に向けた準備を - 脆弱性やパッチ公開に注意を
コロナ禍2度目の夏期休暇 - パッチチューズデーと重なるおそれも
コロナ禍2度目のGW、セキュ対策を再確認 - 感染時リスクも想定を
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
テレワークの課題は社内体制と設備、セキュリティ - 都内企業
長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を
盆休みと重なるパッチチューズデー - 夏期休暇対策の徹底を