Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

法人向けASP型セキュリティサービス4種を提供開始 - KDDI

KDDIは、法人向けセキュリティサービス「KDDI メールウイルス対策サービス」「KDDI 迷惑メール対策サービス」「KDDI Webウイルス対策サービス」「KDDI URLフィルタリングサービス」を提供開始した。

同サービスは、メールやウェブを安全に利用するための法人向けASPサービス。「メールウイルス対策サービス」「迷惑メール対策サービス」では、メールを同社の専用サーバを通過させることで、ウイルスチェックや迷惑メール判定を実施する。

「Webウイルス対策サービス」は、サイト閲覧時に同社サーバを経由させることでウイルスチェックを実施し、ウェブ経由の感染を防御。「URLフィルタリングサービス」では、セキュリティ上危険なサイトへのアクセスや業務と無関係の私的利用などを防ぐ。

初期費用は、メールウイルス対策サービスが3150円。そのほかはいずれも3万1500円。月額費用はアカウント数によって変動する。

(Security NEXT - 2008/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

仮想環境向けセキュリティ対策製品を機能強化 - カスペ
アカウント情報の漏洩検知サービスを機能強化 - ソースポッド
ADの脅威診断を期間限定で無償提供 - マクニカ
VDOO、CCDSにIoT機器の評価サービスを無償提供
エンドポイント対策強化するサンドボックスとEDR - カスペ
スマホによる顔認証入退管理ソリューション - NTTドコモ
セキュリティ管理製品に新版、クラウド対応を強化 - カスペ
エンドポイント対策製品「Apex One」にSaaS版 - トレンド
法人SOC向けにセキュリティソリューション群 - カスペ
アジア地域初の「Transparency Center」を設置 - Kaspersky