Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

法人向けASP型セキュリティサービス4種を提供開始 - KDDI

KDDIは、法人向けセキュリティサービス「KDDI メールウイルス対策サービス」「KDDI 迷惑メール対策サービス」「KDDI Webウイルス対策サービス」「KDDI URLフィルタリングサービス」を提供開始した。

同サービスは、メールやウェブを安全に利用するための法人向けASPサービス。「メールウイルス対策サービス」「迷惑メール対策サービス」では、メールを同社の専用サーバを通過させることで、ウイルスチェックや迷惑メール判定を実施する。

「Webウイルス対策サービス」は、サイト閲覧時に同社サーバを経由させることでウイルスチェックを実施し、ウェブ経由の感染を防御。「URLフィルタリングサービス」では、セキュリティ上危険なサイトへのアクセスや業務と無関係の私的利用などを防ぐ。

初期費用は、メールウイルス対策サービスが3150円。そのほかはいずれも3万1500円。月額費用はアカウント数によって変動する。

(Security NEXT - 2008/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

5GやLTEにも適用できるフィルタリングサービス - ドコモ
脆弱性管理など必要時のみ利用できる新ライセンス体系 - エフセキュア
サイバー防御演習「CYDER」の受講受付を開始 - 新コースも
ファイル共有サービス「クリプト便」に「PCI DSS」対応オプション
生保が契約法人向けに標的型攻撃メール訓練サービスを展開
法人向けESETエンドポイント製品のWindows版に新版 - 暗号化製品も追加
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII
顔認証サービスのパートナープログラムを提供 - パナソニック
デバイス紛失にサポートする「ビジネス端末レスキュー」 - NTTドコモ
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ