Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報を電車内で紛失、関係者特定できず - 東北公済病院

東北公済病院宮城野分院は、患者26人の個人情報や診療情報が記載された書類を、看護師が帰宅途中の電車内で紛失したと発表した。

所在不明となっている書類は「インシデント・アクシデントレポート」で、患者26人の氏名、年齢、性別、受診診療科名、病名などが記載されていた。

3月21日に、手さげ袋ごと電車内に置き忘れ、そのまま紛失したとみられている。今回紛失した書類へ記載されている患者を特定できず、謝罪や事故の報告をできない状態だという。

(Security NEXT - 2008/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

コロナ発生届を誤送信、FAX番号登録ミスで - 菊川市立総合病院
心理検査結果を個人PCに送信、誤って31市町にも - 静岡県
患者情報含むデジカメ記録メディアの紛失事故2件が発生 - 東海大病院
患者情報含む書類を誤廃棄、資源物置場から回収 - 熊本大病院
患者情報を別の連携医療機関へ誤送付 - 藤田医科大病院
技師が院内で患者情報含むメモを紛失 - 国東市民病院
患者情報入りUSBメモリが院内で所在不明に - 量研機構運営病院
がん検診受診者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 東京曳舟病院
診療情報を記録したデジカメを紛失 - さいたま市民医療センター
匿名加工用の医療データDBに本人通知なく取得したデータ - プログラムミスで