Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

3月のセキュリティパッチは「Office」に関する4件 - ゼロデイにも対応

マイクロソフトは、月例セキュリティ更新プログラムを公開した。先週公表された予告通り4件が提供されている。

今回提供されたプログラムは、いずれもOfficeに関する脆弱性を解消するセキュリティパッチ。Excel向けのプログラムでは、不正に改変されたファイル表示した際、リモートでコードが実行される脆弱性を解消する。広範ではないものの、一部でスピア攻撃に同脆弱性が利用されたため、同社では1月にアドバイザリを公開していた。

Office全般向けに公開されたプログラムでは、非公開で報告された2件の脆弱性へ対処。不正なOfficeファイルを開いた際、メモリの内容が破壊され、任意のコードが実行されることを防ぐ。またOutlookに関する脆弱性も非公開で報告されたもので、特別に細工された「mailto」のURI が渡された場合、リモートでコードが実行される問題を解消する。

さらにOffice Web コンポーネントに関する非公開の脆弱性にも対応。特別な細工がされたウェブページを表示すると、リモートでコードが実行されるおそれがある2件の脆弱性へ対応した。同コンポーネントは、一部サーバや開発環境などOffice以外の製品でも利用されているケースがあるため、注意が必要。

2008年3月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/MS08-mar.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2008/03/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
宅配クリーニングに不正アクセス - 意図しない外部公開も
約5.3億件のFacebookユーザー情報が流通、日本は約42万件 - 人口上回る国も
決済代行業者やコード決済事業者もPC IDSS準拠必須に
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
厚生省で行政文書の誤廃棄が発生 - 情報流出なく業務への支障もなし
「ビューカード」のフィッシング、正規サイトと同じ2種類のIDに対応
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
クラウドのワークロード向け「Carbon Black」に深刻な脆弱性
公共事業受託事業者のランサム被害、流出範囲特定で難航か