Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

年明け最初のセキュリティパッチは「緊急」1件含む2件 - マイクロソフト

マイクロソフトは、月例セキュリティ更新プログラムを公開した。先週公表された予告通り、深刻度「緊急」が1件、「重要」が1件の計2件が提供されている。いずれもプログラム公開前にゼロデイ攻撃などは確認されていないという。

今回提供が開始されたプログラムは、いずれもWindowsに関する脆弱性を解消するもの。深刻度が「緊急」とされたプログラムでは、非公開で同社に報告があった2件のTCP/IP処理における脆弱性を解消する。脆弱性は、不正に改変されたIGMP/MLDパケットを受信した場合、リモートでコードが実行されるおそれがあるという。

一方、「重要」として公開されたは、「Microsoft Windows Local Security Authority Subsystem Service(LSASS)」の脆弱性を解消するもの。悪用されると昇格された特権で任意のコードが実行されるおそれがある。

2008年1月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms08-jan.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2008/01/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
「JSAC2022」を2022年1月に開催、2日間に拡大 - CFPもスタート
「vCenter Server」脆弱性、実証コード公開済み - 5月28日ごろより探索も
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
サーバやPCがランサム被害、多くの稼働機器に痕跡 - 油脂など扱う商社
公演中止の案内メールでメールアドレスが流出 - 掛川市文化財団
「Chrome 91.0.4472.101」が公開 - ゼロデイ脆弱性に対応
欧州子会社5社のランサム被害、2社では情報流出なし - 東芝テック