Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、「Windows Server 2008」の検疫機能で対応製品の動作確認を開始

マイクロソフトは、次期サーバOS「Windows Server 2008」に標準搭載されるネットワーク検疫機能「NAP」に対応した製品の導入をスムーズに行えるよう、動作確認などを実施する「NAPパートナープログラム」をパートナー企業16社と共同で開始した。

「NAP」は、外部から持ち込んだパソコンのウイルス感染や更新プログラムの適用状況など、セキュリティ状況を企業ポリシーに基づいてチェックし、安全性を確認したうえで社内ネットワークへの接続を許可するネットワーク検疫機能。

同プログラムでは、NAP対応ソリューションを提供するパートナー企業と連携により、同機能に対応したネットワーク機器やNAPアプリケーションとの相互接続、他検疫ソリューションとの混在環境、導入事例など動作確認を進め、ウェブサイトで順次情報を公開していく予定。

(Security NEXT - 2007/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
2020年度の国内WAF市場、前年度比15.9%増
東京都、若年層向けにSNSトラブル防止動画コンテストを開催
イベント参加者への案内メールでメアドが流出 - 酒田市
宛名と異なる住所へ給付金決定通知書を送付 - 鎌倉市
IoTセキュリティがテーマのワークショップをハイブリッドで開催 - TCG
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
ビューカードのオンライン会員サービスで不正ログイン被害
若手国際CTFで日本人含むアジアチームが好成績 - 言葉や準備不足乗り越え奮闘
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に