Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立、墨塗りしても改ざんとならない署名ツールを開発

日立製作所は、電子署名を付与した後でも、隠したいデータを墨塗りして削除できる電子署名ツール「表計算ソフト向け墨塗り署名ツール」の試作品を開発した。

同ツールは、同社と早稲田大学の岩村充教授らが共同開発した「墨塗り署名技術」を応用した電子署名ツール。表計算ソフトで作成したデータに電子署名を付与したあとも、表計算シートのセルごとに墨塗りを施すことが可能で、個人情報や企業情報などを隠すことができる。

具体的には、セルごとに乱数を付与し、それらからハッシュ値を生成、それらの要約値に対して電子署名を実施。墨塗り時は、乱数とセル内のデータを削除しつつも、生成したハッシュ値を埋め込む。その結果、文書全体の要約値が変化せず、改ざんと見なされないため、墨塗り箇所以外の真正性を証明できるという。

(Security NEXT - 2007/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性
WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性
受託研修事業の受講者メールアドレスが流出 - 中部大
なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に