Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、ウイルスバスターにサイトの安全性評価ツールを追加

トレンドマイクロは、「ウイルスバスター2007」利用者を対象に、ウェブサイトの安全性を評価し、その結果を表示するプラグイン「Trend プロテクト」を6月20日より提供開始する。また製品版に先駆けて、6月8日までベータ版を期間限定で公開している。

同ツールは、検索結果ページに表示されたサイトの安全性を、サイト自体の評判や各ページの信頼性に基づいて評価、表示するウェブブラウザ用プラグイン。同ツールは、「ウイルスバスター2007」で提供されているウェブ経由のサービス「トレンド フレックスセキュリティ」を通じて無償で提供される予定。

検索結果は、「安全(緑)」「危険(赤)」「警告(黄)」「信頼済み(黄)」「不明(グレー)」の5カテゴリに分けて評価され、グラフィカルに確認することが可能。規制するカテゴリを設定することもできる。

また同社では、同ツールの提供開始にともない、6月1日から7月31日まで「V&Vキャンペーン パート2」を展開する。同製品を購入し、ユーザー登録や「ウイルスバスタークラブ」に申し込んだユーザーが対象で、家庭用ゲーム機「ニンテンドーDS Lite」やオリジナルクオカードを抽選でプレゼントする。

070531tm.gif

(Security NEXT - 2007/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - 奈良クラブ
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
キャンペーン登録者の個人情報が閲覧できる状態に - カゴメ
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII