Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、メールセキュリティ製品のエントリーモデルを強化

ソフォスは、メール環境向け統合セキュリティアプライアンス「ES1000」を発売した。

同製品は、ウイルスやスパムを遮断して脅威を防止するメール向けセキュリティソリューション。シンプルなハードウェアを採用したエントリーモデルで、1時間あたり2万通に対応。グラフィカルな管理コンソールにより、ハードウェアやソフトウェア、ウイルスやスパムなどの状況を把握できる。

また大規模環境向けの上位モデル「ES4000」が備えているハートビートモニタリング機能を装備。数十種類のセンサーでシステムのステータスを常時監視でき、ハードウェアやOSに問題が発生したり自動アップデートが正常に行われなかった場合に、同社およびシステム管理者に通知することができる。

また、ウイルスのパターンや特性を検知する遺伝子型脅威検知テクノロジーや、未知のウイルスを検知する「振る舞い検出型検知」技術などを搭載した。

(Security NEXT - 2007/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - 奈良クラブ
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
キャンペーン登録者の個人情報が閲覧できる状態に - カゴメ
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII