Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、コンプライアンス対策に役立つ「ログ監査ガイド」を公開

マイクロソフトは、企業のコンプライアンス対応支援を目的とした「マイクロソフトサーバー製品のログ監査ガイド」を作成、情報提供サイト「Microsoft TechNet」上で公開した。

同ガイドは、企業のコンプライアンス対応や情報漏洩対策への支援を目的に、同社サーバ製品におけるログ監査の方法や監査のポイントに関する情報を紹介するコンテンツ。サーバ上に保管されている個人情報や機密情報などの不正利用に備え、監査が必要な項目および監査手順に関する情報などが記載されている。

具体的には、Windows Serverにおけるファイル操作、ファイル印刷、タスク処理、Active Directory上の各種操作における監査手順などが記載されている。また、SQL Serverのデータベースに対する操作を監査する手順なども含まれる。

(Security NEXT - 2007/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アメックス装うフィッシングに注意 - 約39万円の利用額で不安煽る
メール誤送信で保護者の一部メアドが流出 - 都保育園委託先
攻撃プランを自動生成する脆弱性評価用の模擬攻撃ツール - OSSで公開
利用者や獣医師の個人情報が流出、パスワードも - 犬猫寄生虫情報サイト
コロナ禍2度目の夏期休暇 - パッチチューズデーと重なるおそれも
Google、「Chrome 92.0.4515.131」をリリース - 10件のセキュリティ修正
「Kubernetes」環境のセキュリティ堅牢化を - 米政府がガイダンス
国内外サーバ36台を侵害か、外部データ送信の痕跡も - 川崎重工
グループウェア「サイボウズGaroon」に複数の脆弱性
「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能