Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Winny利用歴やウイルス感染を簡単調査 - ネットエージェント

ネットエージェントは、Winnyなどファイル交換ソフトの利用歴やウイルス感染歴を調査するソフト「Winny特別調査員」を発売した。

同ソフトは、Winnyなどのファイル交換ソフトを利用した最終日時を検出するもの。同時に、P2Pソフト経由で情報を漏洩させる「Antinny」など、暴露ウイルスに感染した履歴も検知できる。これにより、従業員などが自宅パソコンでファイル交換ソフトを使用していないか確認できる。

同ソフトを調査対象者が自宅のパソコンで実行すると、その調査結果が会社のウェブサーバなど指定のサーバに自動で送信される。結果にはファイル交換ソフトの名称、最終実行日時、実行回数、ウイルス感染の有無などが含まれる。

ISOイメージもしくはCD-ROMで提供され、100ライセンス以上からの販売となる。1ライセンス当たりの価格は、ISOイメージが200円、CD-ROMが700円。

(Security NEXT - 2007/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

親族名乗る第三者に恩給受給者の住所を漏洩 - 総務省
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
テンプレメールのBCCに無関係メアド、顧客情報が流出 - ルクールプラス
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
モバイルマーケ情報サイトが改ざん - 意図しない記事投稿やカテゴリ追加
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性