Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールマガジン送付時に誤って読者情報741名分を添付 - 講談社

講談社は、12月15日にメールマガジンを配信した際、読者741名の個人情報を含むファイルを誤って添付したことを明らかにした。

誤送信が発生したのは、女性誌「FRaU」が募集した組織「FRaU×adidas ランニングチーム」の会員向けメールマガジン。送信する際、操作ミスにより会員741名分の個人情報ファイルが添付された状態で全員に送られた。氏名、住所、電話番号、年齢、メールアドレス、応募動機、ウェアやシューズのサイズなどが含まれる。

同社では該当する会員に対しメールで謝罪するとともに、添付ファイルの削除を依頼したとしている。

(Security NEXT - 2006/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み
「OCカード」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生
「EC-CUBE」の無償診断サービスが緊急脆弱性に対応 - 痕跡調査も
ジオコードの企業サイトが改ざん被害 - 顧客情報流出は否定
配送伝票に他人の氏名、作業工程でデータにずれ - B.LEAGUE
「Citrix Workspace App」に権限昇格の脆弱性 - アップデートを公開
Adobe、13製品向けにセキュリティアップデートを公開
「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性
「Adobe Experience Manager」に6件の脆弱性 - 修正版が公開
eコマースプラットフォーム「Magento」にセキュリティアップデート