Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱製FOMA端末の電池パックに異常発熱の恐れ - 約130万個回収

NTTドコモと三菱電機は、「FOMA D902i」対応の電池パック「D06」の一部に異常発熱の恐れがある不良品が確認されたとして、回収と交換を開始した。

2006年5月以前に製造された三菱電機製携帯電話「FOMA D902i」対応の電池パック「D06」において、製造工程上の問題による不良品が確認されたというもの。

電池パックの表面に傷が付く程度の力が加わった場合、充電中或いは充電直後に異常発熱し、破裂するおそれがあるという。実際に破裂したケースは、7日時点では1件。異常発熱や破裂の申告は、17件寄せられている。

NTTドコモでは、対象となる電池パックを利用しているユーザーに対し、メールで連絡したうえ良品を送付する。取替対象件数は約130万個。また、電池パックの取替を優先するため、「FOMA D902i」「FOMA D902iS」「FOMA D903i」の販売を一時停止するとしている。

(Security NEXT - 2006/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

親族名乗る第三者に恩給受給者の住所を漏洩 - 総務省
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
テンプレメールのBCCに無関係メアド、顧客情報が流出 - ルクールプラス
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
モバイルマーケ情報サイトが改ざん - 意図しない記事投稿やカテゴリ追加
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性