Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リアルタイムスキャンが可能に - HDE Anti-Virus 4.5 Realtime Scan

ホライズン・デジタル・エンタープライズは、Linuxサーバー向けウィルス対策ソフト「HDE Anti-Virus 4.5 Realtime Scan」を12月19日より発売する。価格は9万2400円。乗り換え版も用意されており、価格は4万6200円。

同製品は、Kaspersky Labsのウイルススキャンエンジンを採用したサーバ向けウイルス対策ソフト。従来は、スケジュールによるウイルススキャンのみ対応していたが、同製品では、ファイル書き込み時にリアルタイムスキャンし、駆除することが可能となった。

また、拡張データベースによりスパイウェアへ対応することが可能。同製品は、同社のサーバ管理ソフト「HDE Controller」により統合管理を行える。

(Security NEXT - 2006/11/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
建築家向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
「ウイルスバスター for Mac」旧版に複数脆弱性
メルマガシステムに不正アクセス、顧客情報が流出 - 福岡のカレー店
Google、「Chrome 87」で33件のセキュリティに関する修正を実施
新型コロナ陽性者2515人の関連情報を誤掲載 - 川崎市
Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応
「LINEスタンプ」クリエイターの個人情報が流出 - 設定ミスで