Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オンラインゲームのパッチサーバでウイルス騒ぎ - 被害の可能性は低

ガイアックスの運営するオンラインゲーム「M2?神甲演義?」のパッチサーバでウイルスの感染騒ぎが発生した。

同ゲームのパッチを配布するサーバにおいて、同社ではウイルス感染ソフトを配布した可能性があるとして、10月19日に事態を公表、同サーバによるパッチの配布を一時停止した。その後の調査で、配布パッチにウイルス「HLLP.Philis.ini」が生成するテキストファイルが入っていたことが判明した。

同社によれば、ダウンロードしたユーザーは2469人に上るが、同テキストファイルのみでウイルス本体は含まれず、利用者に被害が発生する可能性は低いとしている。また、同社や関連会社内におけるウイルスの感染活動についても否定している。

同社では、念のため同ファイルの削除を推奨しており、削除方法をウェブサイトで公開している。また、サービス停止に対する措置として、アイテムの配布やキャンペーンの延長を発表した。

(Security NEXT - 2006/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

がん検診受診予定者の個人情報をメール誤送信 - 浦河町
検証機能にバグ、ファイルの問題を検知できず展開 - CrowdStrike
米親会社委託先にサイバー攻撃 - 希少疾患の製薬会社
未使用でも影響、7月修正の「IEゼロデイ脆弱性」 - 遅くとも5月に悪用
2Qはインシデントが約8.5%増 - フィッシングが増加
アカウント管理システムに侵害の痕跡、個人情報が流出 - 伊藤忠丸紅鉄鋼子会社
Dockerエンジンの認証プラグインに脆弱性 - CVSSは最高値だが悪用可能性は低
「BIND 9」にアップデート - DoS脆弱性4件を修正
Chromeのアップデートが公開 - セキュリティ関連で24件の修正
「MS Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正