Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マクドナルド、懸賞のMP3プレーヤーを回収 - ウイルス感染で

日本マクドナルドは、販売促進キャンペーンの賞品であるMP3プレーヤーの一部にウイルスに感染していたとして回収を行っている。当選者には別途新品を提供するという。

ウイルス感染が判明したのは、同社が8月に実施したキャンペーンの賞品として9月29日に発送したオリジナル楽曲入りのMP3プレーヤー。当選者1万名に対し発送したが、同賞品を受け取った当選者から、パソコンに接続したら「中国語のメモ帳が立ち上がる」「ウイルス検知のメッセージが出た」などの指摘があったという。

同賞品をパソコンに接続すると、トロイの木馬型ウイルスに感染するおそれがあることが判明。プレーヤーは香港の企業であるマーケティングストアから納品されたもので、感染原因など詳細は現在調査中としている。

同社では当選者全員に対し個別に連絡するとともに、ホームページや店頭でも告知をして、同賞品を使用しないよう注意を呼びかけている。

また、すでに利用した当選者への緊急対策用として、ウイルスの駆除方法を公開している。同賞品については、すべて回収して準備が整い次第、新品と交換するとしている。

(Security NEXT - 2006/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

デジタル署名検証ガイドラインを公開 - JNSA
調剤済み処方箋や調剤録が所在不明 - 松戸市の調剤薬局
「Chrome 90」が公開、37件のセキュリティ修正 - 前回更新からわずか1日で
顧客情報を外部送信、表計算ファイルで別シートの存在気付かず - 横浜銀
米政府、サイバー攻撃など理由にロシアへ制裁 - SolarWinds侵害も正式に認定
改ざんで「偽reCAPTCHA」表示、外部サイトへ誘導 - ゲーム情報サイト
白泉社でサイト改ざん、悪意ある外部サイトへ誘導
Interop Tokyo、セキュリティ部門で4製品がアワードを受賞
「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
生保が契約法人向けに標的型攻撃メール訓練サービスを展開